衛生管理

HYGIENE MANAGEMENT 衛生管理

安全・安心を確保する

万全の品質を提供する生産体制

菌や微生物検査の徹底

自社研究所内の微生物検査室で、全製品に対して菌数や微生物の検査を実施。厳しい管理体制のもとで安全性を確保しています。ダシをシャーレに入れ、培養した菌数を算出。法律で定められた基準よりも厳しい自社基準を各製品に対して独自に設定することで、安心安全なダシづくりを徹底しています。

分析結果は1年間保存

分析にかけられたダシや鰹節は、現物と結果を専用のロッカーにて1年間保存。出荷後に万一のトラブルが発生した際にでも、すぐに原因究明に務められるように万全の体制を整えています。

探知機と目視による安全の徹底

鰹節を生産する切削機械には、すべての工程に金属探知機とウェイトチェッカーを設置。異物の混入があれば、すぐに発見できる環境を整備しています。10分毎に職人が刃の調整と刃こぼれ等がないかを目視で確認し、商品の封入も必ず手作業でおこないシール不良や噛み込みがないかを1つひとつ目で確認。機械と職人による徹底した管理体制を整えています。

JAS規格とHACCP認証を取得

安心・安全への徹底した取り組みで、フタバ本社工場は「削りぶし」に対するJAS認定を取得しています。また、2010年には削りぶし製品の「万能花削り」でHACCP認証を取得いたしました。これからも厳しい生産基準を遵守し、より質の高い製品をお届けします。

ダシ素材はスチームで滅菌処理

素材からダシを抽出する前に、まずは素材を高温のスチームにかけます。120℃の蒸気で圧力をかけることで、素材内のうまみ成分を破壊することなく滅菌処理をおこないます。